Now Loading...

鷹による害鳥駆除 グリーンフィールド~物流・倉庫専門~ さいたま営業所

鷹による害鳥駆除のパイオニア
グリーンフィールド~物流・倉庫専門~
さいたま営業所

害虫駆除事業がスタート!

鷹匠によるハトの追い払い業界NO.1

「何をやってもダメだった・・・」そんなハトでお困りの工場や倉庫の経営者様へ。
専門の知識を持った鷹による害鳥駆除のパイオニア、
グリーンフィールド~物流・倉庫専門~さいたま営業所が美観を損ねず、安全に、長期的に解決する最終手段をご提案します。

鷹匠

ハトにお悩みの工場や倉庫の経営者様へ
こんなことにお困りであれば、ご相談ください。

屋内の天井に、巣を作ってしまい撤去が困難。
倉庫の屋内に、居座ってしまい対処できない。
倉庫の屋根が広く、対策しても改善しない。

鷹を使ったハト駆除について

熟練の鷹匠と鷹が、現場を担当します

日本では古来より、狩りのための鷹を調教し操る職人として鷹狩の文化を継承してきた鷹匠ですが、その鷹匠と鷹の技術や経験をハト・カラス・ムクドリなどの害鳥駆除に活かす手法が注目されています。
現場に派遣される鷹匠は、本来の鷹匠としての技能に加え、害鳥駆除に特化した訓練を受けており、害鳥の追い払いを想定した鷹の調教も毎日行われています。

回数を重ね、ハトに天敵の存在を認識させます

事前にご依頼主様との打ち合わせや現場の下見をしたうえで、鷹を飛ばす計画を練ります。
ハトの多くが飛来する時間帯や、定着したハトの数量によって、鷹を飛ばす回数や期間が変わってきます。
現場経験を重ねた鷹匠が、1日のどのタイミングでどの場所から飛ばすのが効果的か、どれくらいの期間飛ばせば駆除できるかをご提案いたします。

施工後も定期的に飛ばすことで、ハトの再来を阻止

施工後は鷹匠がそれぞれの現場の環境に応じた指導等により、防除効果維持のためのアドバイスを行います。 またいったんハトを一掃したあとも、今後の新たなハトの定着を防除するために、定期的に鷹を飛ばして「天敵の縄張り効果」を維持することも可能です。

ハト対策の様々な方法の比較

効果の範囲 景観 即効性 防除効果 コスト
防鳥ネット × × ×
忌避剤 × ×
× ×
捕獲器 ×
鷹+捕獲器

鷹による害鳥駆除3つのポイント

ポイント①
ハトの本能に働きかける対策

鷹が飛んでいるところを何度も見せつけることで、ハトに「この一帯は巣をつくれる場所ではない」と諦めさせる、自然の法則にしたがった駆除方法です。

ポイント②
美観を損ねず、音も出さず、衛生面でも安心

弊社の方法は「猛禽類の縄張り」という見えないイメージによってハトの飛来を防ぐ方法ですので、施設の外観に全く影響がありません。

ポイント③
広い範囲をカバーし、高所にも対応

一羽の鷹が飛行することでハトを威嚇できる範囲は極めて広く、施設内の高い天井や奥まった場所はもちろん、施設外の敷地全体にまで威力を発揮します。

物流・倉庫専門の完全駆除プラン

「より短期間に、低コストで」というかたに、弊社おすすめのプラン

鷹による追い払い+捕獲の
ハト対策 完全駆除プラン

鷹によるハトの追い払いは、ある程度回数を重ねることでハトに「ここは危険な場所である」ということを理解させる、自然に則った環境にやさしい手法です。
ただしご依頼主様によっては、事情があってできるだけ短期間で済ませたい場合や、コストを最優先にしたい場合もあるかと思います。
そういった場合におすすめなのが、「捕獲」と「鷹の追い払い」の組み合わせによる駆除です。

長らく居ついてしまったしつこいハトをピンポイントで捕獲し、その他のハトを鷹が広範囲に威嚇して近づけないようにするという、「捕獲」と「鷹」の両方の長所を活かしたグリーンフィールド独自の駆除プランです。

倉庫の施工プラン

場所 物流倉庫(さいたま市)
工期 3~5月(3ヶ月)
目的 ハトの完全駆除
金額 120万(税抜)
※交通費別途
※有害鳥獣駆除申請書代及び捕獲した害鳥の処分費込み

ご依頼までの経緯と施工内容

ご依頼主様の運営されている倉庫では、お客様からお預かりした荷物にハトの糞害が発生し、破損による損害が多発していたそうです。
まずは防鳥ネットでハトの侵入口を塞ぎましたが、違うところから侵入するようになりイタチごっこの状況でした。
全面に防鳥ネットを張ることを検討されたそうですが、5,000万円ほども費用が発生することになり断念されました。
周辺にはハトが多い環境のため、どうすることもできず弊社に最後の手段として相談がありました。現地調査を行った結果、10年間に渡りハトが60羽ほど営巣している状況でした。
施工期間を3ヶ月間に鷹の放鳥を12回、捕獲も同時に行いました。

施工の結果

倉庫内のハトは完全に駆除し、周辺のハトもひとまず少なくなりました。
もともと周辺にハトが多い環境なので、年間の管理もご依頼いただきました。
※あくまで一例です。同じような倉庫の場合でも、状況により費用や施工期間は変わります。

工場の施工プラン

場所 鉄鋼関係の工場(千葉県)
工期 2~5月(初期施工1ヶ月・環境維持3ヶ月)
目的 カラスの完全駆除
金額 50万(税抜)
※交通費別途

ご依頼までの経緯と施工内容

カラスが工場内に侵入し、製品に糞害を与えるようになりました。
まずはカラスの嫌がることなどで対策したそうですが、最初の2日程度は効果があったもののその後は全く効果がなく、他の方法も見当たらないため弊社にお問い合わせいただきました。
現地調査の結果、カラスの飛来は4羽程度で、夕方工場内に侵入し朝方になると出ていくことから工場内をねぐらにしていることが判明しました。
夕方にカラスの侵入を防ぐため鷹を放鳥したり、カラスが工場内に入っているところに放鳥するなどの作業を繰り返し行ないました。
放鳥は10回行いました。

施工の結果

ほぼカラスの侵入はなくなりましたが、まだ様子を見に来ているような状況でした。環境維持のため、初期施工を終了後、月2回の作業を3ヶ月程度行いました。
※あくまで一例です。同じような工場の場合でも、状況により費用や施工期間は変わります。

基本料金(鷹の放鳥)

1羽
人員 1名
稼働時間 3時間
金額 30,000円~
※現場の状況・環境により金額は変わります

基本料金(捕獲)

施工内容 週1回の巡回
期間 3ヶ月
金額 36万円~
※現場の状況・環境により金額は変わります

事例:神奈川県の資材工場

立地 神奈川県の工業地帯
ハトの数 約80羽
営巣場所 工場建物内

施工前

以前から工場内へのハトの侵入が問題となっており、その対策として入り口のシャッターに忌避剤を撒いたり剣山を設置したりして対処していました。
が、ハトを防ぐことがなかなかできず、工場内で糞や羽をまき散らすために製品への異物混入の恐れが常にありました。

施工後

3ヶ月ほどの期間の間に放鷹を10回行い、同時に捕獲も進めました。
それ以降ハトは完全にいなくなり、工場の衛生問題も解決されたいへん喜んでいただいております。